「この前ガラコ塗ったばかりなのに全っ然前が見えない!!!」

​​その理由はズバリ!フロントガラスに付着した油膜!!
フロントガラスには洗車しただけでは取れない「油膜」が張っていることがあり、それが雨の日の運転で前が見えにくくなるギラギラの原因です。
o1500112514324130028.jpg
​「油膜は何でつくの?」
油膜は主にシリコン(油分)がウインドガラス表面に付着し
あのような状態になってしまいます。
では、なんでフロントガラスに油分なんて着くのかとお思いだと思いますが、原因は様々です。
・日頃からワックスにてボディーを手入れされているお車は、屋根から雨と共にワックス成分が流れ出しガラスに付着してしまうケース
・洗車をするときに撥水シャンプーを使っているとその成分が蓄積・劣化して油膜が付着してしまうケース
・ガラコや撥水ワイパーを使っているケース
・交通量の多い道をよく走る方は、走行中の車の排気ガスでガラスに油膜がついてしまうケース
このように様々な原因が考えられます。
​心当たりはありませんか?
​そして、あなたのお車のフロントガラスは下の図のようになってませんか?
74053.jpg
こうなってしまったら、いくらガラコを塗っても、ワイパーを変えても根本の原因の油膜を除去しなければ、改善されません。
逆に悪化します。
車のボディーと一緒で、定期的に普段では落とせない汚れを落とすメンテナンスをすることをオススメします。
雨の日はただでさえ事故が多くなります。
事故をしてからでは遅いです。
その事故が人の命にかかわる事にもなりかねません。
少しでも安全に運転する為にも早めの施行を!
​ご相談・お問い合わせお待ちしております。
料金表.png
・油膜取り

Car Detailing Spot"No Name"

​静岡県富士宮市淀師90-3

0544-68-9593

営業時間10:00~19:00

​定休日 月曜日

お問い合わせ

送信ありがとうございました